不動産 相続税

周知の埋蔵文化財包蔵地に所在する宅地につき、不動産販売業者による試算価格の70%相当で相続税申告し、その是非が争われた裁決例(令和元年5月29日公表裁決)

本件は、請求人(相続人)が、被相続人(平成27年7月相続開始)から相続した宅地(周知の埋蔵文化財包蔵地に所在)について、通達評価額によらず、不動産販売業者による試算価格の70%相当の価額で相続税申告し、その是非が争われた裁決例です。

もっと読む
不動産 相続税

隣接地を道路用地として買収前提の開発法の分割想定図の合理性が問題視された裁決例(平成28年8月2日非公開裁決)

本件は、請求人(相続人)が、相続した市街化区域に所在する山林について、通達評価額によらず不動産鑑定評価額で相続税当初申告をし、その是非が争われた裁決例(平成28年8月2日非公開裁決TAINSコード:F0-3-490)です。

もっと読む
不動産 相続税

相続税申告で納税者が用いた鑑定評価書の開発法の問題点(最有効使用の判定と造成工事費の査定)が指摘された裁決例(平成29年6月2日非公開裁決)

本件は、請求人(相続人)が、相続した雑種地について、通達評価額によらず不動産鑑定評価額で相続税当初申告をし、その是非が争われた裁決例です(平成29年6月2日非公開裁決TAINSコード:F0-3-527)。

もっと読む
不動産 相続税

国税借地権割合40%の地域において借地権の取引慣行の有無が争われた裁決例(平成16年9月10日非公開裁決)

今回は、納税者が国税借地権割合40%の地域に存在する土地につき、借地権の取引慣行が無いため相続財産として借地権は評価不要と主張し、借地権の取引慣行の有無について争った非公開裁決(平成16年9月10日TAINSコード:F0-3-303)について、私見コメントも交えながらご紹介します。

もっと読む
税務全般 税理士試験

税務の裁決事例や裁判例を読むメリット、読むコツ、無料サイトetc

例えば、将来税理士として開業する予定の方や税理士法人内での昇進を考えている方にとっては、裁決や裁判例の原文を読むメリットはあると思います。

今回は、私が思う税務の裁決や裁判例の原文を読むメリットと読むコツetcについてご紹介します。

もっと読む
不動産 相続税 贈与税

周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれる土地の相続税申告における評価方法が争われた裁決例(平成20年9月25日公表裁決)

今回は、相続した土地が文化財保護法の周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれる場合における当該土地の相続税評価額について争われた裁決事例(平生20年9月25日TAINSコード:J76-4-20)を基に、周知の埋蔵文化財包蔵地の土地評価の留意点をご紹介しようと思います。

もっと読む