ブックレビュー

ブックレビュー『実務に活かす 印紙税の知識 (改訂五版) 』

今回ブックレビューを書かせていただく本はこちらです。

木村 剛志「実務に活かす 印紙税の知識 (改訂五版)」(2018年10月,税務研究会出版局)

著者の木村先生は、消費税法の創設に携わられた方で、木村先生の消費税の本ははずせないところですが、こちらの印紙税の本もおすすめです。

もっと読む
法人税

申告調整できる貸方原価差額(法人税法基本通達5-3-9)って知ってますか?

法人税について少しマニアックな記事になります。

申告調整できる貸方原価差額(法人税法基本通達5-3-9)について知ってる、または、実際につかってるという方はいるでしょうか。

実際私自身も税理士試験の受験生時代はこの通達の存在をしりませんでした。

もっと読む
不動産 相続税

公示価格等を規準とした価格を査定していない不動産鑑定評価額に基づき相続税申告し、その鑑定評価のクオリティが問題視された裁判例(平成30年3月13日東京地裁)(棄却・確定)

今回は、納税者が不動産鑑定評価(取引事例比較法のみ)に基づき相続税申告を行ったが、税務署に財産評価基本通達に基づき評価すべきとしてその評価方法が争われた事例(平成30年3月13日東京地裁 TAINSコード:Z888-2202)を読みましたので、私自身の備忘録としても記事にして書き留めておこうと思います。

もっと読む
不動産 相続税

相続税申告で納税者が用いた不動産鑑定評価において、取引事例比較法における面大減価の査定根拠や公示価格等を規準とした価格の妥当性が問題視された裁判例(平成30年10月30日東京地裁)(棄却・確定)

今回は、地積規模の大きな雑種地の相続税評価について、納税者が不動産鑑定評価額の適用を主張した裁判例(平成30年10月30日東京地裁 TAINSコード:Z888-2241)を読みましたので、私自身の備忘録としても記事にして書き留めておこうと思います。

もっと読む
税務全般 税理士試験

税務の裁決事例や裁判例を読むメリット、読むコツ、無料サイトetc

例えば、将来税理士として開業する予定の方や税理士法人内での昇進を考えている方にとっては、裁決や裁判例の原文を読むメリットはあると思います。

今回は、私が思う税務の裁決や裁判例の原文を読むメリットと読むコツetcについてご紹介します。

もっと読む
不動産 相続税 贈与税

周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれる土地の相続税申告における評価方法が争われた裁決例(平成20年9月25日公表裁決)

今回は、相続した土地が文化財保護法の周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれる場合における当該土地の相続税評価額について争われた裁決事例(平生20年9月25日TAINSコード:J76-4-20)を基に、周知の埋蔵文化財包蔵地の土地評価の留意点をご紹介しようと思います。

もっと読む