不動産 相続税

鉄道走行による騒音振動がある土地の評価で、利用価値が著しく低下している宅地の10%減額が認められるか否かが争われた事例(令和2年6月2日公表裁決)

本件は、請求人(相続人)が被相続人(平成27年2月相続開始)から相続により取得した本件土地の相続税申告における評価について、利用価値が著しく低下している宅地の10%減額が認められるか否かが争われた裁決例です(詳細は以下国税不服審判所HP参照)。

もっと読む
不動産 相続税

鉄道走行による騒音振動がある土地の評価で、利用価値が著しく低下している宅地の10%減額が認められるか否かが争われた事例(平成15年11月4日非公開裁決)

本件は、請求人(相続人)が被相続人から相続により取得した鉄道沿線土地の相続税申告における評価について、利用価値が著しく低下している宅地の10%減額が認められるか否かが争われた裁決例です(平成15年11月4日非公開裁決 TAINSコード:F0-3-402)。

もっと読む