不動産 相続税 贈与税

親族名義の不動産が被相続人の相続財産に含まれるかどうかが争われた事例(大阪地判 H27.3.13 TAINS:Z265-12626)

本件は、原告甲名義で登記されている本件J不動産が、被相続人B(平成19年1月相続開始)の相続財産に帰属していたか否か等が争われた裁判例です(平成27年3月13日大阪地裁判決 TAINSコード:Z265-12626)。

もっと読む
税務全般 税理士試験

税務の裁決事例や裁判例を読むメリット、読むコツ、無料サイトetc

例えば、将来税理士として開業する予定の方や税理士法人内での昇進を考えている方にとっては、裁決や裁判例の原文を読むメリットはあると思います。

今回は、私が思う税務の裁決や裁判例の原文を読むメリットと読むコツetcについてご紹介します。

もっと読む