ブックレビュー

ブックレビュー『現場の疑問に答える会計シリーズ・2 Q&A 固定資産の会計実務』

はじめに

今回ブックレビューを書かせていただく本はこちらです。

EY新日本有限責任監査法人「現場の疑問に答える会計シリーズ・2 Q&A 固定資産の会計実務」(2019年8月,中央経済社)

EY監査法人のHPには会計情報が充実しており、会計関連の本も業種別・テーマ別等多数出てますが、比較的最近リリースされている「現場の疑問に答える会計シリーズ」のうち固定資産をテーマとした本になります。

ブックレビュー

タイトルに「会計実務」とある通り、内容は会計学や財務諸表論といった学問チックな部分は少なく、現行の取扱いがサラッと書かれた上で、実務で悩みそうな一歩踏み込んだ事例や資産除去債務のセクションでは似て非なる事例の取扱いが結構豊富に取り上げられています(若干マニアックすぎる部分もありますが、私は嫌いではありません(笑))。また、簡単な計算例や仕訳、図も多い印象です。

具体的な事例や似たような事例だけど会計上の取扱いが異なる事例等を読むことで会計基準の原文の理解力も高まり、頭に残りやすくなります。会計基準は実務の事例に適用してみないと実感がわきにくい部分がありますので。

よって、上場企業の経理担当者だけでなく、実務やっていない会計士受験生や税理士受験生が読んでも会計基準原文の勉強になる本だと思いました(若干マニアックすぎる部分もありますが(笑))。不動産鑑定士試験でも会計学ではよく固定資産関連の問題が出ますので、余裕のある方が読んでもいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す