税理士試験

税理士試験、不動産鑑定士試験でお世話になった文房具

はじめに

税理士試験受験生、不動産鑑定士試験受験生の皆さん、こんにちは。

税理士兼不動産鑑定士試験合格者の井上幹康です。

今回は、私が税理士試験や不動産鑑定士試験の受験生時代にお世話になった文房具をご紹介していこうと思います。文房具は人それぞれ好みが分かれますので私が使っていたものが皆さんに合うかどうかはわかりませんが、1つの参考になれば幸いです。

ボールペン

三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ Signo ノック式 UMN-152 0.5mm 青

こちらのボールペンは主に税理士試験の税法科目の理論を書く用に使っていました。

これよりも少し持ち手部分が細いものもあるのですが、私はこちらの太いタイプが手にしっくりきたのでこっちを使っていました。

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005T.24 透明ブラック

こちらの3色ボールペンは主に税理士試験の計算科目用に使っていました。

解答は青色、問題用紙のチェック等は赤色といった具合に瞬時にペン色を変えて使っていました。

パイロット ゲルインキボールペン ジュース極細 0.5mm ブルー LJU-10EF-L

こちらのボールペンは、不動産鑑定士試験の論文試験用に使っていました。

税理士試験の時に使っていた上記のシグノボールペンでもよかったのですが、私自身は新発売の文房具好きなのでいろいろと新商品を試した結果、これが一番しっくりきたのでこれを使っていました。

なお、不動産鑑定士試験の演習(計算科目)に関してもこちらのボールペンを使っていました。不動産鑑定士試験では、税理士試験のように計算科目と理論科目でボールペンを使い分けることはしませんでした。

電卓

電卓はシャープ派、カシオ派に大きく2分されますが、私はずっとシャープ派です。

シャープ 実務電卓 ナイスサイズタイプ EL-N942X

シャープ電卓を選んでいた最大の理由は、いくつかありますが、アンサーチェック機能(2回たたいて同じ結果だとOKと表示されて検算ができる)が意外とイケてます。

シャーペン

ゼブラ シャープペン デルガード タイプGR 0.5 ホワイト P-MA93-W

税理士試験や不動産鑑定士試験では解答は基本的にはボールペンでないとNGなのでシャーペンは主にメモ用に使ったりしていました。

メモをボールペンでとると消せないので、答案構成や図をメモで書く場合には少し書き間違えた際に消しゴムで消せた方がきれいに書け、解答用紙に解答するのにメモを見返したときに見間違えなどが防げると思います。

実際に私自身は税理士試験の理論の答案構成や不動産鑑定士試験の論文試験の答案構成はシャーペンで行っていました。

そこでおオススメなのが上記のゼブラデルガードです。これは私の用に筆圧の強い方には非常に使いやすいのではないかと思います。使い始めは芯が引っ込む感覚に少し戸惑いますがすぐに慣れると思います。

マーカー

ゼブラ 蛍光ペン ジャストフィット モジニライン 5色 WKS22-5C

私自身はあまり試験の最中にマーカーを使うことはなかったのですが、普段の勉強の際にテキスト等にマーカーを引くことはよくありました。

その際に自分がボールペンで書いた字をマーカーでなぞることもありますが、そうした際に上記マーカーを使うとにじまないでマーキングできるのがいいです。

下書き用紙

オキナ プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S

税理士試験や不動産鑑定士試験の勉強では理論問題の答案構成(柱上げ)などをする際に上記のプルジェクトペーパーを使用していました。

A4サイズで同じようなレポート用紙はいくつか種類がありますし、値段もまちまちですので自分になった下書き用紙を準備して日々の勉強に投入したらいいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す