裁決裁判例からの理論計算問題集

きっかけは私の趣味から

本サービスを受験生に提供しようと思ったきっかけは、私の趣味の1つである税務の裁決や裁判例を読んで分析することからでした。

私自身、税理士試験受験生時代は税務の裁決や裁判例の原文を読んだことはなく、それでも試験には合格しています。ですので裁決や裁判例を読まないと受からないということはありません。

ではなぜ本サービスを受験生に提供しようと思ったのかというと、それは裁決や裁判例の原文を読むことで得られるメリットが非常に大きく、それは税理士(実務家)にとってだけでなく、受験生にとっても必ずあると思ったからです。

裁決や裁判例の原文読解から得られるメリット

私が原文読解を通じて得られると考える主なメリットは以下の通りです。著名な先生が裁決や裁判例の解説をされている市販の書籍等を読むだけでは得られないメリットが原文読解にはあります。

  • 審判所や裁判所の判断部分に各種制度、条文、通達の趣旨・目的が書かれている(個人的にはここが税務の面白さの根源だと思います)
  • 生の事例なので自分の実務経験値アップに直結する
  • いわゆるグレーゾーンと呼ばれる論点にとっての判断指針が得られる
  • 納税者が負けるケースが多いが、負けた納税者の主張を読むことで得られることが多々ある
  • 税務署の主張を読むことで、税務署目線が身につく
  • 暗記力ではなく論理的思考力が高まる

原文読解の高いハードル

上記の通り原文読解により得られるメリットはたくさんあるのですが、原文読解には以下のような高いハードルがあります。

  • 原文にはイラストや図解は一切なく文字ばかり
  • 裁決から最高裁まで行った事例だと全部で100ページを超えるものも普通にある
  • 裁決から最高裁まで行った事例の場合、裁決(審判所)と地裁(裁判官)の判断が違うことがあり、裁決だけ読んでも意味がないことがある(同様に地裁の結果が高裁で変わることなどもある)
  • 納税者、税務署、審判所(裁判所)が3者が登場するので、今自分が読んでいるのがだれの主張なのか取り違えると何が何だか分からなくなる
  • 争われた時点は過去なので当然適用される法令等もその時点のものであり、税制改正等があるとせっかく読んだ裁決や裁判例が今使えないということもあるので、いつ時点の事例か注意を要する

私自身はただひたすら数を読みこなすことでこれらハードルを乗り越えてきた結果、今では趣味になってしまいました。ただし、私と同じことをしていたら受験生は時間がいくらあっても足りないです。

そこで、どうにかして受験生にとってこのハードルを少しでも下げて裁決や裁判例の原文読解によるメリットを感じていただき、暗記に走りがちで嫌になりがちな税法の勉強に楽しみを見出していただき、税理士となった後も原文読解を続けてほしいと思うようになりました。

本サービスの特徴

受験生への提供方法をいろいろ悩んだ結果、税理士受験生当時の自分がどんなサービスなら受けてみたいかという視点で、本サービスを考案いたしました。本サービスの概要・特徴は以下の通りです。

  • 裁決や裁判例の趣旨・基礎事実等はできるだけ損なわないようにしつつ、税理士試験のような理論計算問題の形式にして提供
  • 裁決や裁判例は過去事例だが、税制改正等により陳腐化した事例ではなく、その考え方が今も活かせる事例を選定 ※随時見直して陳腐化した事例は削除・更新していますが、必ずしもタイムリーに更新が間に合わない場合がございますのご了承ください
  • 理論だけでなくできるだけ計算の要素がある事例を選定
  • まず問題を解き、解説を読み理解した上で、最後に出典元裁決・裁判例の原文を読み込むことで、いきなり最初から原文を読むハードルを下げる
  • 問題の解答例は私が作成したものですが、私がどのような思考回路で問題を組み立て、そして解答例を作成しているか(解答フロー)を紹介

実際に私の方で問題化する事例を選定し、問題化するのに時間がかかり、まだたくさんの問題を提供できませんが、問題化でき次第以下にアップしております。気になる事例をクリックして詳細をご確認いただき、お申込みいただきたく思います。

法人税編

有利発行課税の発動ロジックと受贈益の計算/神鋼商事事件

建物取得後、すぐに建物を取り壊した場合の借地権の取得価額(無償返還の届出あり)

株式買収にあたり実施した買収ターゲットの財務調査費用の取扱い

増資直前事業年度における非上場株式評価損の損金算入可否

相続税・贈与税編

貸家建付地評価の一時空室1か月基準/貸家建付地の評価減要件と小宅特例(貸付事業用宅地等)の適用要件の違い